2年間の集大成

今週、2年間の成果が見ることができます。

2年前「感謝すること」から話をしました。
そして
1年前に「自立すること」

この2つのテーマがどれだけ身に付いているか。

それが私の評価でしょう。

短いですが。深いと思います。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:指導者派遣  comment:0 

選手の力

選手の土曜日、日曜日は指導者派遣でした。
またまた指導者として考えさせられる2日でした。

「選手たちを信頼して、任せることが1番成長の近道である。」

そこには、選手たちの世界があり、決して大人が関わってはダメな領域がある。
1歩でもその領域に大人が入ると、良い結果は生まれるが成長は止まる。
そんなことを感じました。

大人は・・・
絶対に評価や比較をしない。
目的に対してどのように考え成長するかを見極める。
それが大人のできる見守ると感じました。


下都賀トレセン6年生
7地区選抜大会 3位

この結果と内容は選手たち自身の力で、表現したものです。

スタッフが関わっている部分は1割でしょう。
これもスタッフチームのチャレンジでした。
監督の考えを理解していただき、我慢・我慢・我慢。
どのような状況でも選手たちを信頼して任せることを徹底していただきました。
感謝です。

ということで、
時間の設定、使い方。
チームの物の管理。
試合での戦い方。
すべて選手たちが考え、決定、行動したものです。

「評価は周りがする」
どのように映りましたか?
これが、選手たちの本当の力です。

私には
1試合目 チームの取り組む目的、コンセプトを理解してプレーしている。
2試合目 状況が悪いときにも我慢強くプレーしている。
3試合目 選手たち自身が雰囲気作りができない。
まとめると良い成果と明確な課題があり、次の機会に成長が見られると感じる。

現状、チームではないので課題を修正することができません。
これも選手たち自身が自己分析、ゲーム分析して取り組む必要がでてきました。
サッカーの神様がチャレンジさせなさいということなのでしょう。

今年度、残り2回の活動となります。これからどのように成長するか楽しみにしています。

・・・
トレセン活動が一段落したので、関わって頂いた方々(保護者、スタッフ)に簡単な報告と思い言葉を多めに並べてみました。普段は絶対にしませんよ。
できるのであれば、トレセン活動に関わった選手、保護者の方々全員に見ていただきたいなぁ。誰か拡めてください。
まだまだ、発信できないことや、こちらの意図してやっていたことなど、下都賀技術委員として下都賀のサッカーのためにお答えしますので質問お待ちしております。

2日間関わって頂いた方々、お疲れ様でした。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:指導者派遣  comment:6 

ここでもです。

先週の土日は合宿。

3種との関わり。
今年からのチャレンジの1つです。

未知の世界なので、緊張。


簡単に内容を。
(土曜日)
・C級リフレッシュとのコラボで指導実践
・座学
(日曜日)
・ゲーム

指導実践の担当になりました。
「チャレンジ&カバー」

緊張・緊張・緊張。
わかりやすく選手に伝えることができたか・・・(不安)

まぁ~がんばりました。

・・・
話は変わりまして。
合宿で感じた話。

ここでも感じました。
自立の意識が低い。

今回がよい学びになり、
自分を厳しい環境に入れて人間としての成長に期待したいです。


おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せをみんなの幸せに」






Tag:指導者派遣  comment:0 

自分磨き

土日と、遠征にいってきました。

久しぶりでした。

改めて遠征は人を育てると感じました。
重要です。


何が重要か・・・?
大人がいない、親がいない環境が子どもを育てます。

今回の遠征の成果は「多くの失敗」でした。
全部が失敗でした。

「遅刻」「寝坊」「寝不足」「体調管理」など
個人で見たときに何もできないことがわかりました。

・・・
今回要求したことは、3つ
「時間の管理」「物の管理」「自己管理」
になります。

例えば
9時に試合なら・・・

「時間の管理」
試合前のミーティングは何時から?
アップは何時から?
着替えや準備は何時から?

「物の管理」
試合で何が必要?
どこに置くと、良いか?
必要ないときはどうするか?

「自己管理」
何時間寝ると良いのか?
ご飯はどれだけ食べるのか?
夜にストレッチをするのか?
冷房をつけて寝るのか?

子ども達の「判断」に任せました。

結果は予選敗退。
しかしこれで良いのです。

そして2試合目で戦った子ども達と、関われたことはとても良い経験になりました。
2試合目の子どもたちは、「高い要求」と言う環境下のなかで、もがいていました。

サッカーが好きだから。サッカーがうまくなりたいから。プロになりたいから。

そこに惨敗。


何人の選手が、このままではダメだ。
自分をもっと厳しい環境に入り、自分磨きをしないといけないと心の底から感じたのでしょうか。

これが今回の遠征の成果です。


・・・
そしてスタッフチームも自分磨きを始めます。
いろんなことを言い訳にしていました。
そしてあきらめて、ぼかしていました。

「もう言い訳するのやめよう」

ほんとうに地域のために
ほんとうに県のために

ほんとうにためになることを考え始めます。
サッカーでみんなが幸せになるために。


おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカー幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」


Tag:指導者派遣  comment:0 

5月3、4日

指導者派遣に行ってきました。


私が関わっているスタッフチームは会話がとても多いです。
全員が全員をリスペクトした関係の中で、会話があり(情報交換、考えの共有)とても充実しています。

その時の1コマです。

「試合に負けた。でもとても良い内容であり、とても楽しかった」
スタッフチーム全員が共通して感じた瞬間でした。


ふと・・・考えてみると難しいことなんですよね!

サッカーの目的は試合に勝つこと。

実際は試合に負けた=目的未達成

しかし内容は良かった。
(テーマに対して取り組んでいたということ)

本当に考えてみると!
良かったのか?良くないのか?
(この話は意見がわかれそうですね)

んん~~~難しい。


どう思いますか?

もし私のブロガー(ブログを良く見てくれている方のこと。シノラーみたいな感じで)
の方がいましたら、意見くださいね。待ってます。







・・・
しかし充実した2日間でした。約1年ぶりに良いサッカーを観たなと思いました。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:指導者派遣  comment:0 

プロフィール

oyamafc

Author:oyamafc
栃木県小山市(おやまし)にて、幼児・少年少女のサッカースクールおよび、指導者の派遣事業を行っています。

↓おやまフットボールクラブのホームページはこちらから↓
おやまフットボールクラブ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR