嬉しいです。

寒くなってきましたね。
家に帰って速攻お風呂です。

うれしいことがありました。
ジュニアユースの体験に参加してくれた選手たちが数名。

まだ体験なのに・・・
嬉しいですね。

3回の体験期間を設けています。

1回目は雰囲気の体験
2回目はクラブの考え方を伝え、経験
3回目に簡単な面談

こんな3回になると良いなと感じます。

今から作っていくクラブなので、何か実績があるわけでなく、評判があるわけでもないです。
だから体験して感じてもらい決断してもらえればと思っています。

12月は、大切な時期になりそうです。
勝負の時ですね。



現在ジュニアユース 決定9名
募集人数 16名(GK2名)
残り7名です。

セレクションはしません。先着ですのでお早めに。
(なんて言っていますが、16名も集まらないかも・・・)

がんばりましょう。

そして週末は1,2年生の交流試合です。
公式戦にはでません。チーム登録もしませんが、子どもたちは試合に飢えています。
サッカーは試合が一番です。そこで、またチャレンジです。
定期的に試合をする。
前提にチームに在籍している選手はチーム優先を含め。
全学年、トライしていきます。

なにかありましたら、交流試合お願いします。

と言うことで、1,2、年生の試合です。
試合の雰囲気を感じることができると、テーマ達成でしょう。

どうなることやら。ウキウキです。
雨だけは降るなよ。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

キング

寒くなってきましたね。
コーヒーを飲みますが、ホットを購入することが多くなってます。
(特におすすめのコンビニコーヒーはセブイレ→(関西はセブンと略しません))

週末の動きです。
土曜日、下都賀地区新人戦を見学&応援

スクール生が多く出場することもあり3会場をはしごしました。

結果はさせておき、成果と課題が見えたので良かったです。
また下都賀技術委員として地域の子どもたちの分析をしました。

細かい分析でなく全体的にどのような学年か見るようにしました。
1日だけの分析でなくこれを長期的に考え見ていきます。

楽しみです。

日曜日は神奈川県に遠征。
疲れました。
3種の関東トレセンマッチです。

3種の現状を、分析します。
成果と課題を見極めます。

あと横浜FCの取り組みを分析して、良い考え方や、栃木にあった考えを吸収します。

1つ印象的なことが・・・
横浜FCと言えば・・・

キング「カズ」。
クラブハウスのコンビニに「カズ」のユニフォームが飾ってありました。
キング恐るべし。


良い経験をさせて頂いてます。
この経験をスクールの子どもたちに上手く還元できるようにしていきます。

サッカー界にこんな名言が
「指導者は選手の未来に触れているのです」 
アンディ・ロクスブルグ


最近、これを感じることがありました。
指導者も日々学びです。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

私は、フェースブックをしています。
ちょっとしたアピールです。
そこで良い言葉の出会いが!

私自身、多くの言葉を持っていません。
またそれを組み合わせて考えをうまく表現することも・・・

そこで、いろんな方の力を借りたいと思います。
第1弾は「母」に向けられた言葉です。

「虎の穴・静学サッカー」より

勝負をする子の背中をいい具合に押す。

多くを語らず、見て、促す。
その技術が賢母の持つべき「知性」と「テクニック」です。

例えば「弁当箱」で伝えるべきは

●「食べ物や必要なものはいつまでも、欲しい時に出てくるものではない」
社会というのは、自分で自分の弁当箱を洗って出さなければ、わがままですべて食さなければ、次の食はないんだということ。やるべき練習を努力を、自分の都合でサボタージュしたら、翌日の自分の席、ともに歩む人たちはいなくなること。

そして
●「早く起き弁当をつくってくれる母、苦労と乗り越え方を身をもって教えてくださる師の存在の重さ」
自分には自分を助けてくれる親が、たくさんの人生の師がいるということ。
その感謝が、大切な大人の資質を身につけさせてくれる。
それはなにか、それは、
「他人の手助けもできる男が勝利するんだ」ということ。
勘違いしないで常に挑戦できる男になるということ。
成功者は人の為に時間を使う。
貧しい人は自分の為にのみ時間を使う。
その使う比率は自分48:他人52。
これが人生航路の黄金比、チョッとだけ相手が上が最も美しい割合だ。

だから「弁当箱」はとても小さなことでとても大切なこと。 
されど弁当箱(笑)
毎日弁当箱にごはん一粒残さず食し、
弁当箱を当たり前に自分で洗って次の日に都合のいいように出す。
それが自分の夢に協力してくれる人に対しての当然の感謝。

その時、大変だなと我が子を見て、少しでも、苦労や悩みを軽減してやりたいと体をいためて生んだ母は思うわけです。
普通は。

女中のように、残された残菜を捨て、次の日も早く起き、思いを込めて弁当を作ってしまうのです。
普通は。

しかし彼らには自分で雄々しく男らしく、
望んでいる男にむかって挑戦しているんです。
この時期に、「自分の決めた夢への努力」を後押ししてくれる方への感謝を身につけ自覚することは彼らにとって必須なのです。
そういう人を裏切ってはいけない、
歯を食いしばって、
自分の弱さを甘さを破る、
自立した人間の感性はこの世代で装着すべきものなのです。

母の知性とテクニックあふれる技が後(のち)の彼に大きく生きるわけです。
母よテクニシャンになれ!



どうでしょうか?
とても考えさせられます。
また子育てのヒントになればと願ってます。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

母校野洲校負けた!

ハァなんです。
親知らずを抜きました。

そしたら顔がしょくぱんマンみたいに四角になりました(右だけ腫れています。)
とうぶん腫れてるそうです。ハァ・・・


週末の振り返りです。
土曜日。選手権決勝。
栃木県決勝見てきました。
やっぱり選手権の雰囲気は良いですね。
高校サッカーで育ってきているので、血が騒ぎます。

結果。矢板中央が優勝。
栃木県代表として矢板のサッカーを見せてほしいです。

関連して、野洲、前橋育英、鹿島学園、流通経済柏、作陽など楽しみにしていたチームが負けました。
今年はどこに応援に行こうか・・・悩むことになりそうです。

日曜日。
サッカーアカデミー。
今年度全部終了しました。
年間通し、行ってみて感じたことは、
子ども達が大きく成長していることでした。
特に、人間としての成長とサッカーに取り組む姿勢が変化しました。
参加することや高校生と関わる楽しさから、
サッカーを楽しみにきているようになっていました。

年間通し、行うことの重要性。
そこにサッカーアカデミーとしての価値が見えました。

反省点で、もっとプログラムの充実と指導者の確保があります。
地域のためにと本気で考えている方は、知恵を貸してください。

関連して、
キッズで更にチャレンジしていきます。
来年度からキッズで新しい仕組みに取り組みます。
賛否があると思いますが、
今の仕組みが今の状態であることを受け止めて、未来に新しい種を蒔きます。
これも時期がくると賛同者を募ります。
地域の本気を行動で示していきましょう。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

スクールについて

今日の高学年のスクールは行います。
着替えの準備をお願いします。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:未分類  comment:0 

スクールについて

11月15日(金)のキッズスクールは、天候が悪いため中止になります。

他の曜日に振り替えお願いします。

U12クラスは、18:00に最終決定を行います。
ぎりぎりになりますが、宜しくお願いします。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

高校選手権 栃木県予選決勝

1つ前の記事についてコメントを頂きました。
本当に、ありがたい言葉を頂きました。
ありがとうございます。

予期してない方からのコメントにはビックリしました。
恐怖のお誘い(笑)もありました。

切り替えて。
スクールについて!
また新たなチャレンジを始めました。
トレーニングの前にテーマの映像をみることです。
狙いは、イメージ作りです。
実際にトップレベルの映像を頭に残すことで、無意識な動きが増えます。
これも半年近く続けて成果が見えるでしょう。


さてさて
今週は高校選手権栃木県予選の決勝です。
今年の栃木県ナンバー1が決まります。

とても楽しみです。
と同時に技術委員としてゲーム分析。
成果と課題を行い、次に生かします。


多世代の試合を見ることは、とても自分のためになります。
時間を作ってでも見に行きましょう。


おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

選手の力

選手の土曜日、日曜日は指導者派遣でした。
またまた指導者として考えさせられる2日でした。

「選手たちを信頼して、任せることが1番成長の近道である。」

そこには、選手たちの世界があり、決して大人が関わってはダメな領域がある。
1歩でもその領域に大人が入ると、良い結果は生まれるが成長は止まる。
そんなことを感じました。

大人は・・・
絶対に評価や比較をしない。
目的に対してどのように考え成長するかを見極める。
それが大人のできる見守ると感じました。


下都賀トレセン6年生
7地区選抜大会 3位

この結果と内容は選手たち自身の力で、表現したものです。

スタッフが関わっている部分は1割でしょう。
これもスタッフチームのチャレンジでした。
監督の考えを理解していただき、我慢・我慢・我慢。
どのような状況でも選手たちを信頼して任せることを徹底していただきました。
感謝です。

ということで、
時間の設定、使い方。
チームの物の管理。
試合での戦い方。
すべて選手たちが考え、決定、行動したものです。

「評価は周りがする」
どのように映りましたか?
これが、選手たちの本当の力です。

私には
1試合目 チームの取り組む目的、コンセプトを理解してプレーしている。
2試合目 状況が悪いときにも我慢強くプレーしている。
3試合目 選手たち自身が雰囲気作りができない。
まとめると良い成果と明確な課題があり、次の機会に成長が見られると感じる。

現状、チームではないので課題を修正することができません。
これも選手たち自身が自己分析、ゲーム分析して取り組む必要がでてきました。
サッカーの神様がチャレンジさせなさいということなのでしょう。

今年度、残り2回の活動となります。これからどのように成長するか楽しみにしています。

・・・
トレセン活動が一段落したので、関わって頂いた方々(保護者、スタッフ)に簡単な報告と思い言葉を多めに並べてみました。普段は絶対にしませんよ。
できるのであれば、トレセン活動に関わった選手、保護者の方々全員に見ていただきたいなぁ。誰か拡めてください。
まだまだ、発信できないことや、こちらの意図してやっていたことなど、下都賀技術委員として下都賀のサッカーのためにお答えしますので質問お待ちしております。

2日間関わって頂いた方々、お疲れ様でした。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:指導者派遣  comment:6 

霧がすごい

スクールを行ってきましたが・・・
すごい霧でした。
練習プランを変更して3対1、4対2を90分行いました。

私は、何時間でもボール回しの練習ができるので楽しかったのですが、
選手はどうなのか?と心配していましたが、集中が切れることなくプレーしていました。
少しずつボール回しのコツや深さを感じてきてるのかと思います。
(まだまだですが・・・)


さて・・・
ジュニアユースについての問い合わせがありました。
うまく伝えられたか心配です。
大きな告知をしていないので、口コミか何かで知ってもらったのでしょう。
問い合わせだけなのに、嬉しい気持ちになりました。

選択肢の1つになれていることが今の幸せです。


他にも興味をもって頂ける方は連絡ください。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」





Tag:OFC  comment:0 

スクールについて

今日のキッズクラスのスクールは行います。また雨が降ってきた場合、15:00に最終決定を行いご連絡いたします。

天候が悪くなる可能性も考えられるので着替えの準備をお願いします。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

久しぶりの感覚

この3連休は多くの試合を見に行きました。
久しぶりの感覚です。

土曜日
栃木県少年選手権
中1の練習試合

日曜日
派遣先の少年チーム練習試合
栃木県少年選手権

月曜日
小山市選抜選考会
南部新人(高校)
ライオンズ杯(中学)
ナビスコカップ(録画)

いや〜見ましたね。
行くところ行くところ出会う方がいましたが、
すごいなと感じました。

定期的に選手の成長を見られているのでしょう。
時間がないなか、言い訳をしないで行動されています。
時間を作りだす能力が高いのですね。
その方の良いところを吸収させて頂きます。

常に良いところを学び、レベルアップをはかります。

私も、できる限り時間を作り、栃木県の状況、地域の状況を把握するために
歩き回っていますがまだまだですね。修行がたりません。
またベテラン指導者の方々と話をする機会があります(話しかけてくれます。ありがたい)
最新の生の情報を頂けるので、ありがたいです。

・・・
10月11月が過ぎると目標にしていたことが終わります。
今から来年に向けての準備が始まります。
小6、中3は進路に向けて。
小5、中2は新チームに向けて。
OFCはチャレンジに向けて。

「良い選択」でなく「後悔がない選択」ができるように、
サッカーで「幸せが」感じる事ができる選択ができるように、
陰ながら願っています。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

プロフィール

oyamafc

Author:oyamafc
栃木県小山市(おやまし)にて、幼児・少年少女のサッカースクールおよび、指導者の派遣事業を行っています。

↓おやまフットボールクラブのホームページはこちらから↓
おやまフットボールクラブ

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR