2年間の集大成

今週、2年間の成果が見ることができます。

2年前「感謝すること」から話をしました。
そして
1年前に「自立すること」

この2つのテーマがどれだけ身に付いているか。

それが私の評価でしょう。

短いですが。深いと思います。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:指導者派遣  comment:0 

スクールについて

今日のスクールは、行います。着替えの用意をお願いします。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:未分類  comment:0 

オリンピックが終わりました。

スポーツの力・・・
スポーツの力にはないか、人間を幸せにする何かがあると・・・
言葉では表現できない、何かが?

感じ取れましたか?

やっぱりスポーツは良いなと感じました。

次はワールドカップ。
はよこい。

・・・
週末は遠征予定でした。
しかし会議でキャンセルしました。
遠征メンバーにはご迷惑をお掛けしました。
申し訳ないです。

2日間予定がなくなったので、下都賀トレセンの選考会に参加。
こちらも雪の影響で、ズレこんでやっと日程があいました。

約2年間関わらせて頂いているので、少しずつ仕組みが見えてきました。
まだまだ下都賀は良くなりそうです。

スタッフチームの連携も良く。コミュニケーションがうまくとれています。


「現状維持は、停滞していくスタートだ。」
大阪の時に南のボスから頂いた言葉です。

チャレンジ、チャレンジです。
本当の意味でチャレンジしていかないと、周りに置いて行かれます。
勇気をもって前に進みますよ。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せはみんなの幸せに」



Tag:OFC  comment:0 

ほめる?

こんな話がありました。考えさせられます。


「俺ってほめられて伸びるタイプです」というナメた男が伸びた姿は見たことはない(笑)

努力する男はそんなんじゃない(笑)。

何をほめてきたのか、本当に彼をほめていたのか。そこが問題だ。

++++++++

「適切でない褒め言葉は数年後の子どもの考え方に悪影響を及ぼす」という研究結果


「子どもは褒めて伸ばす」というタイプのパパママは必見だ。褒め言葉にはいろいろあるが、その選択と褒める内容によって子どもに与える影響は変わってくるという。



最新の研究で、褒め言葉を適切に用いないと、数年後の子どもの考え方に悪影響を及ぼすことがわかったそうだ。なかでも、単に子ども自身を褒める言葉は特に危険だという。



米シカゴ大学の研究チームが調査を行った。まず、1~3歳までの幼児とその親50組の日常を一定期間ビデオで記録し、親が子供を褒める方法を観察した。

被験者たちの人種や民族、経済的裕福度などは様々である。



すると、親が用いる褒め言葉には大きく分けて次の3種類あることが判明した。



・「過程への褒め言葉」:結果がどうであれ、何かに取り組んだときにその過程や努力を称賛する言葉(例「○○を一生懸命やったね」「○○を良く頑張ったね」)

・「本人への褒め言葉」:子ども自身の特性や性格を褒める言葉(例「頭の良い子ね」)

・「一般的な褒め言葉」:上記以外で一般的に使われる単純な褒め言葉(例「すごい!」)



さらに、それから5年後、6~8歳になった子どもたちがどのように成長したかを調べた。

調査内容は、「どれほどチャレンジ精神旺盛か」「困難に直面したときに自分で解決方法を見出せるか」「頭の良さや性格は改善可能だと考えているかどうか」などである。



結果、「過程への褒め言葉」を頻繁に使う親の子どもは、何かに挑戦することに対してとても積極的で忍耐強いことがわかった。また、困難に直面してもより柔軟に解決方法を考え出すことができ、努力によって自分自身をより良く変えることができるという考えを持っていたという。



これに対し、他の2つの言葉を多用する親の子どもには、チャレンジ精神や努力に対するポジティブな考え方があまり見られなかったとのこと。特に、「本人への褒め言葉」をよく用いる親の子どもはチャレンジ精神に欠け、「頑張っても変わらない」と考える傾向がみられたそうだ。



研究に携わったエリザベス・ガンダーソン博士によると、「褒め言葉は、どれも聞こえが良くポジティブな印象を受けますが、子どもに対する影響はそれぞれ異なることがわかりました。



『本人への褒め言葉』は一見褒めているようで、実は子どもにとっては、 “頑張ってもこれ以上良くなることはない” というメッセージにもなり得るのです」とのこと。



この結果をうけて、博士は「幼児期における親の褒め言葉は、後の子どもの考え方に対して大きな影響力を持っているため、親が意識して適切な褒め方をすることが重要です」とアドバイスしている。

・・・
どうですか?
大人の何気ない一言が子どもの未来を変える?可能性がある!

もう一度スタッフで共有していきます。
指導者の影響量は凄まじいです。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

体が痛い。

最近、本気でサッカーをする機会を頂いてます。
そのせいか、かなり体が痛いです。

と同時に、体の切れが出てきたようなきもしてます。

もともとサッカーがうまい選手ではありませんでしたから、
自分に自信はないのです。

これから、ジュニアユースとキッズ年代の関わりが増えることで、
デモンストレーション(実際にやってみせること)が増えていきます。

コーチングではなく、良い物を見せる、触れることがとても重要になります。

20代後半になり、なかなか体を動かす時間もうまくとれていません。
また、自分に自信がありませんから・・・

と考え。
もう1度本気でサッカーをしてみようかと考えているのです。

2回ほど、プレーしました。
楽しいな。まだまだうまくなりたいな。
純粋に感じてしまいました。

任してもらえている仕事の調整とサッカーをするをどのようにバランスをとるかが、
今最大の悩みです。

「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」
こんな名言がありますが、その通りですね。

トップが成長しようとする姿をみて、選手を育てたい。
成長する中には、失敗の方が多いです。
そこをさらけ出し、立ち上がる姿を見せて、選手を育てたい。

こんなことから、また新しいチャレンジをやろうと考えてます。
今回のチャレンジは体がいたい。
ストレッチしよかな。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

地域貢献。

進級にあたり、スクール生の動きが活発になってきました。

残念ですが、退会する子ども。
(私たちスタッフの力不足です。もっと好きになるスキルを身につけます)

練習回数を増やす子ども。

新しく入部してくれる子ども。

なにより嬉しいことは、
チームに入っていく子どもが現れたことです。

私のスクールの役割である、「サッカーの入り口になること」の成果だと感じています。
スクール経由で地元のチームに入団する。これこそが、地域貢献です。

まだまだ1、2名ですが少しずつ地域のためになる存在を目指します。


スクールでは、少しずつ来年度に向けて体験会に来てくれています。
ありがたいことに、定員がいっぱいのクラスもありますので、
お断りすることもありますが、どんどんお待ちしてます。

またボランティアスタッフの方も募集してます。
宜しくお願いします。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

スクール、ジュニアユースについて

今日のスクールとジュニアユースの練習は天候が悪いため中止になります。
他の曜日に振替えお願いします。

ジュニアユースのクラブ説明会は延期となり、2月20日(木)に行います。参加ができない方は、連絡下さい。またジュニアユース選手も20日に練習に来れる方は、参加お願いします。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

振替スクールについて

振替スクールについてご報告致します。

振替スクールを下記の日程で行います。

日程 2月14、21、28(金)
時間 16:40~18:00
会場 KDDIサッカー場
対象 小学1年生~4年生

振替がある方は、ぜひご参加ください。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

オリンピック!

オリンピックを見ています。

スピードスケート・・・
加藤がスタート切る。
どうなるのだ・・・


・・・
・・・
現在3位みたいです。
アカンかなぁ。

結果は明日になったらわかります。
(楽しみですね)

!お。
長嶋が3位になったぞ。

オリンピックでスポーツの力を感じられたらと思います。

先週末は、雪・雪・雪で予定が全て中止になったのでないでしょうか。

と言うことで、明日は4種の市町村と午後はキッズに参加してきます。
4種の現状を継続的に見ていくこと、それを分析してキッズ年代に還元して、
良い種を幅広く蒔くこと。

今やっている結果は10年20年後に見えます。

目先の結果ではなく、子どもの未来をみて活動していきます。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

雪だるま

昨日のスクールで微笑ましい光景が。

スクール会場につくと、雪がちらほら残っていました。
やっぱり雪が残っているかぁ。と少し落胆。

しかし、子どもたちのテンションは、フルマックスに。
練習前に雪だるまを作るや雪合戦が始まりました。

運動能力や運動神経が伸びる状態にありました。
「遊び」「自発的」「動きまわる」

このまま今日のスクールは雪合戦でもよかったですね。笑
本当に。

私たち、サッカーに関わる物としては、
サッカーが、子どもたちの夢中になるものになるようにアピールしていく必要があります。

サッカーは、楽しいぜ。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

スクールについて

今日のスクールは、天候が悪いのが予想されるので全クラス中止になります。
他の曜日に振り替えお願いします。

またインルフエンザが流行してます。手洗い、うがいやマスクの着用を徹底して予防しましょう。
※来週の2月11日(火)は祝日なのでお休みです。こちらも振り替えお願いします。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

栃木県カンファレンス

2月に入りましたね。

あと2か月か・・・

土曜日は、栃木県カンファレンスに参加してきました。
関東の現状。栃木の現状。を聞いてきました。

そこですごく心に残っている言葉がありました。
「成長のスピードをあげること」

栃木は遅れているのでなく、周り(栃木以外の関東圏)の成長があ早くなっている。
だから今栃木が低迷しているように見えると・・・

私の地域では、下都賀が低迷してきているようです。

「成長のスピードをあげること」
明確なアドバイスをもらったようです。
こどもたちの成長に貢献できるように取り組んでいきます。

日曜日は、スクール生+ジュニアユース生の応援&視察に行ってきました。
結果は予選突破できたみたいで、良かった。
より良いチームと試合することが成長に繋がりますから。

少しですが、特徴、課題が見えました。

それからそれから夜は、審判更新講習会でした。
寝ることなく、講義を受けれました。(ホッ)
オフサイドのところの理解が難しく、苦戦しそうです。

最近忙しくなってます。
ありがたいこと、2年前なにもなかったことを思い出し、
忙しいことを感謝してと言い聞かせています。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

サッカー界の奥様。

ありがたいとこに、最近かなり忙しいです。
奥さんにはかなり迷惑をかけています・・・
がサッカー界の奥様方は、夫のやることに対しての理解があります。
本当に感謝です。

どっかのタイミングでサプライズを用意しないとね!

しかし来年度は、大きなチャレンジを2つ行いますので、
その準備や調整が思っているより大変で・・・

尊敬する先輩の言葉を思い出すようにしています。
「ピンチの時こそチャンスの顔」
自分を鍛えるチャンスなんだと。
自分が磨かれることが、クラブの子どもたちに還元されます。

もうひと踏ん張りです。

・・・
また先輩コーチに指摘をもらいそうです。
2日遅れのブログ発信でした。
がんばろ。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

プロフィール

oyamafc

Author:oyamafc
栃木県小山市(おやまし)にて、幼児・少年少女のサッカースクールおよび、指導者の派遣事業を行っています。

↓おやまフットボールクラブのホームページはこちらから↓
おやまフットボールクラブ

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
QRコード
QR