匂い

最近、良い出会いがあります。

人間の出会いは、「縁」

であると教えて頂きました。
そして、同じ匂いがする人間が、その匂いを嗅ぎわけて、出会うらしい。

納得です。

良い人間に出会いたいなら、自分が良い人間になること。
そして嗅ぎつけてもらう。

もっと、自分を磨き良い人間になろうと。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

関心・意欲・態度

「好きこそものの上手なれ」
昔の人は上手く真実を言ったものです。あることを極めようとすると、やっぱりそれが好きであるということが条件と言えます。


好きかどうかを測るひとつの指標として、学校から出される学力テストや通知表などにある項目、「関心・意欲・態度」があります。数値化されていたり、「よい・普通・がんばろう」等の段階別評価されたりしていますが、その教科を好きかどうか、自ら進んでやっているかどうかということが分かる項目です。


この評価が低いということは、その教科が嫌い、やりたくない、と判断することができます。この値が低いと他の値も低くなる傾向があります。
ただ、ここの値が低いが、他は高いというパターンもあります。これは、「やらされ感」を持ってそれに取り組んでいる可能性が高いです。「小学生の頃はできたのに……」というのは、このパターンが多いです。小学生の頃は素直に親や先生にやらされていたけど、自我が育って来てからは、自発的にやるという能力が育っていない、すなわち、外発的な動機でしか動けないということです。(注意しなくてはできない、報酬がないと頑張れないということです。)


こうなってしまう原因は何か?これは後々考察して行きます。



学年末を迎え、学力テスト等の結果が返って来る時期だと思います。「関心・意欲・態度」は子供の姿を知るひとつの要素となるので、注目して見て下さい。

おやまフットボールクラブ
小島 寛義
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

再度、お知らせ致します。

平素よりおやまフットボールクラブの活動にご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
2015年度ジュニアユース説明会を致します。
お手数ではございますが、ご出席のほどよろしくお願い致します。
【対象】
・現所属している選手・保護者様
・新規ジュニアユース生(2期生)の
 選手・保護者様
【日程】
2月28日(土曜日)
【受付時間】
16:30
【説明時間】
17:00~18:00
【会場】
白鴎大学本キャンパス
4号館 430教室
【内容】
・クラブが目指すところ
・ジュニアユースの挑戦
・新たなスタッフ紹介
・法人として新たな出発
など
【注意事項】
・保護者様へのご説明になります。
・駐車場は、本キャンパスのグラウンド横を利用してください。キャンパス内は禁止です。
(簡単な地図です。http://hakuoh.jp/access/pdf/hon_campus.pdf)

※2期生は、入会手続き、クラブグッズのサイズ合わせがございますので選手もご出席ください。

ご事情によりご出席できない場合、後日資料をお渡し致します。

ご不明な点がありましたら、堀井・谷原までおこし下さい。

Tag:OFC  comment:0 

5、6年生スクールについて

お世話になっております。

2月26日(木)、今日のスクールについてお知らせ致します。
雨が降っていることと今後も天候の回復が見込めないため、5、6年生のスクールを中止致します。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

振替のほどよろしくお願い致します。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:未分類  comment:0 

キッズ、低・中学年スクールについて

お世話になっております。

2月26日(木)、今日のスクールについてお知らせ致します。
雨が降っていることと今後も天候の回復が見込めないため、キッズスクールと1,2,3,4,年生のスクールを中止致します。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

振替のほどよろしくお願い致します。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

世界のGKを紹介

第1回目のGK選手はスペイン代表でレアルマドリード所属のイケル・カシージャス選手です。
カシージャス選手は日本のGKが手本にするのに一番最適な選手だと思います。
なぜなら体格的にも身長的にも日本人ににているからです。

カシージャス選手のすごい所は技術・身体能力もそうですが、状況判断から実行に移す速さです。これは、常に状況から次に何が起きるかを予測しているからだと思います。予測も1つだけではなく、1つの状況から3つ以上を予測し、相手選手のプレーによって後手に回らない工夫を毎プレーごとにしてるからできることです。

これは、育成選手のGKに真似して欲しいですね。選択肢が多いことはどの状況にも対応できます。
リアクション(受け身)プレーではなくアクション(先手を打つ)プレーができるGKであって欲しいです。

育成GKコーチとしてもそんな選手を育てていきたいです。頑張っていきます。

おやまフットボールクラブ
ジュニアユースGKコーチ
谷原 匠
「サッカーで幸せを
   その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

教え子!活躍。

久しぶりの出会いが、先週の土日にありました。

約1年ぶりでした。
小学生時代から、良い目をしていたことを覚えています。

感覚で感じることですが、この子は良くなるなと感じている子が良くなる。
・・・傾向に感じます。

初めてあったっことも、覚えていますし、そこで質問した内容や答えたことも覚えてます。
人間は成長するものだと、思います。

嬉しかったですね。
これが教え子が活躍している感覚なのかと。
少ない時間で一方通行な思いですが。

これから多くの子どもたちが活躍していきます。
とても楽しみです。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

相撲

「体をぶつけるって表現、いいですわ。」
3・4年生のスクールを横で見ている時の代表の言葉。確かに、選手たちが生き生きとサッカーをしている、戦っている。

そこで、ほとんどサッカーをやったことのない子達の指導をするとき、この表現、使ってみました。見本を見せながら……

すると、すごく生き生きとサッカーをやっている!女の子もいましたが、その子達も楽しそう!自然とボールホルダーが奪われないようにとキープの動きをするようになった!
見ていた方が、「サッカーの動きっぽくなってましたね。」という感想を言っていました。



そこからヒントを得て、特別支援の子供たちに教えるとき、相撲を取り入れました。今まであまり動くのが好きでなかった子が、目を輝かせて相撲をやっている!どんどん私に向かってくる!

子供は、体を触れ合わせることが好きなんだと、改めて感じました。


相撲は今までも取り入れて来たこたがありましたが、「体幹トレーニング」の一部として考えていました。これからは、生き生きと活動させるひとつの手段として活用できそうです。

これは親子のコミュニケーションとしてもオススメです。いろいろな効果がありそうな相撲。さすが国技です!


おやまフットボールクラブ
小島 寛義
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」



Tag:未分類  comment:0 

なぜか違うんだよな。

親になり、親のすごさを感じる。
この言葉を、本当に親になり感じてます。

今頃、親の偉大さを感じてます。遅いよなぁ。。。

自分のレベルアップでいろいろな話を読むようにしてます
そこで親についてのコラムに心を動かされたので、紹介したいと思います。

・・・
その時、一人の生徒が手を挙げ、
次の発表をしたいと申し出ました。

この授業で行われていた
作文発表の題材は「家族への想い」

手を挙げた生徒は、堂々と作文を読み上げます。

そしてこの生徒が発表した作文が、
教室の空気と過保護な親たちの意識を大きく変えたのです!


『信じあうこと』

「私は、家族が大好きです。
家族も、私のことが大好きです。
でも、たまに、とても悲しい気持ちになることがあります。」

「私の家族は、いきすぎだと思うほど、私のことを心配します。
この前、私は◯子ちゃんとケンカをしました。
私は、◯子ちゃんにいやなことをさせられました。
でも、私も○子ちゃんにいやなことをしたと思い、仲直りをしたいと考えていました。」

「その時に、お母さんは私に、あなたはわるくないと言いました。
◯子ちゃんがわるいんだから、あやまらなくていいのよ、と言いました。」

「とてもびっくりしました。
なんで、私もわるいのに、私はあやまらなくていいのかなって、そのときに思いました。」

「お母さんは、もしかしたら、私のことを信じていないのかもしれない、と思いました。
お母さんは、『自分の子供』ということを信じているだけで、『自分の子供だから』という理由だけで、私はわるくないと言っているんじゃないかな、と思いました。」

「そのとき、とても悲しくなりました。
お母さんは、私という人間のことを信じてくれているのかな、と心配になったのです。」

「私はお母さんの子供だけど、私というひとりの人間でもあります。
その私という人間を、ちゃんと見てくれて、知ろうとしてくれて、信じてくれているのかなって、思う時があります。」

「最近、テレビで、モンスターペアレントという、子供のためにいっぱい怒る人が増えているという話をみました。
それを見て、この作文を書こうと思いました。
きっとそういう人が増えているのは、きっと子供自身を信じるんじゃなくて、『自分が育てた子供』という、育てたこと自体を信じているんじゃないかなって、思いました。
似ているようで、すごく違うことの様に感じるのは、私だけではないのではないでしょうか。」

「私は、家族が大好きです。
だからこそ、家族には、もっともっと、私のことを信じてほしいと思います。
信じあうことができたら、きっともっと仲良く、もっと笑顔いっぱいで一緒にいれるんじゃないかなって思います。」

「私も、もっとしっかりして、勉強もたくさんがんばります。
だから、これからも、私のことをたくさん信じてください。
私は、かならず家族みんなの自慢の娘になります。」

・・・

う~~
考えさせられる内容です。

親の気持ちと子どもの気持ち。
違うなぁ~。って思います。
なんでこんなに違うのか・・・
わからない。

絶対子どもの時の気持ちも親の気持ちも感じてきているのに。
って感じている親の方が多いと思います。

でも違うなかで子どもも、親も悩みながら成長していくのだとも思います。

よし。親チーム子育てがんばりましょ~

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

リバウンドメンタリティー

日本のGK選手と海外のGK選手の違いはなんでしょう?
何だと思います?
技術?
サッカーの理解度?
いや、それで比較されてるなら世界には追いつくし追い越せる。
何だ?

1つの納得のいく答えがあります。
それはメンタリティーです。
中でもリバウンドメンタリティーが世界のGKと大きく差があると言われています。
リバウンドメンタリティーとは失敗した同じ状況でも失敗を恐れず再度、チャレンジをして成功し成長に繋げようとする精神だそうです。
日本のGKは失敗を恐れ同じ状況なった場合、無難にプレーをする事が多いとありました。

これは指導者・日本の文化・社会環境の影響があるのかもしれません。
リバウンドメンタリティーを育てる事で日本のキーパーが育つのであれば指導者としてそれを育ていこうと思います。

頑張ろう❗

おやまフットボールクラブ
ジュニアユースGKコーチ
谷原 匠
「サッカーで幸せを
   その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

2月18日(水)スクールについて

お世話になっております。

2月18日(水)、今日のスクールについてお知らせ致します。
雨が降っていることと今後も天候の回復が見込めないため、全カテゴリー(対象:キッズ,1,2,3,4,5,6年生)のスクールを中止致します。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

振替のほどよろしくお願い致します。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:未分類  comment:0 

バレンタインデーも終わり。

男子の諸君、何個ゲットできたでしょうか?
それが今年度の評価だぞ。
来年度はもっと頂けるように気合い入れよう。

今年度はキッズ年代の新たなチャレンジをしましたが、それも来月で今年は終わりになります。
なかなか成果がでてきました。
例えば、リフティングの数が毎回上がっている。毎日ボールを触るようになったのかな。
練習終わりにおにぎりを食べる。体のケアー。

サッカーに対する意識はあがったように思います。
チームで1番。学校で1番。でもみんなが集まると1番ではなくなる。
この経験が人間を強くします。
もっと大きな壁にぶつけ、それを超える力を身に付けさせ強く・強くしたいです。

あと全体的に空気感を変えたい、小学1,2年生でリフティング100回はできるようにと。
5、6年でも100回できないし、教える指導者も100回できない。

リフティングがうまいからサッカー選手になれるわけではないけど
サッカー選手はリフティングうまいです。

もっともっともっともっと子どもも大人も努力ですね。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
 その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

全ては必然である。

すごい言葉を作った方がいます。

・・・
「実力の差は努力の差」

「実績の差は責任感の差」

「人格の差は苦労の差」

「判断力の差は情報の差」

物事には、偶然はないと感じます。
結果にはそれなりの理由がある。

その理由を考えないと結果がかわらないとも言える。

全ては必然である。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

1か月

ofcで指導するようになってから、1か月が経ちました。

いろいろな立場で参加しているスクール生、個性をもったジュニアユース生、多種多様な経験をもつコーチ陣……いろいろな人たちの関わりがとても楽しく、充実した日々を送っています。

先日は、5・6年のスクール生、ジュニアユース生、スタッフで、ミニゲーム大会を行いました。年代関係なく、サッカーを楽しめる環境が、このofcにはあります。私自身も、選手たちと一緒にサッカーを楽しむ機会も多く、サッカーを通していろいろな人とのつながりを楽しんでいます。

このような感じで、ofcに来てから、自分で動く機会が増えてきました。
ここ数カ月、前チームのコーチから教わったドリブルを試しています。密かに、自主練をしていました……

先日、ジュニアユースの紅白戦に入れてもらったとき、1度だけでしたが、試せました。見事に、相手2人を外してゴール!トレーニングの時も試しましたが、見事に相手を外せました。これからの指導に生かせればと思っています。

現役時代はやったことのない、意識もしなかったプレーだったので、この歳でも、まだ、技術がつくのだ、課題をもって取り組めば身につくのだ、と思いました。

自らの課題を明確にして取り組む。当たり前のことですが、これができるといいですね。そして、いろいろな人との関わりを大切にして、自分のものにしていくってことも大切ですね。

まだまだ上達を目指している、30後半にさしかかった小島でした。


おやまフットボールクラブ
小島 寛義
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

何人知ってますか?

ジュニア・ジュニアユースのGKの選手達は何人のプロのGKを知っているのでしょう~
知っている事が何に繋がる?って意見はあると思います。
参考になる、お手本になるキーパーが多いことは重要なんです。多くのGK選手を観ることで同じような状況でそれぞれの判断とプレーがあることに気づく回数が増えます。
この気づく回数が必要なんです。気づく事で自分に同じような状況がおきた場合、自分にあった判断とプレーを情報として持っていることで選択できるからです。
さぁ~たくさんのGKを知ろう❗いろいろなスタイルを持ったGKを知って参考にしよう❗

おやまフットボールクラブ
ジュニアユースGKコーチ
谷原 匠
「サッカーで幸せを
   その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

ダレノガレに惹かれる。

ダレノガレ。

今少し騒がれている方です。
なぜ?ダレノガレさんの話かというと、たまたまロンドンハーツを見ていて気になったからです。
気になると、人間観察。

なかなか厳しいことを言っている印象。
番組の中で矢口さんが叩かれまくっていた。

基本芸能人は、キャラを演じてると言われてます。
だからダレノガレさんも演じてる予想!

そこを見てる側が、見極められないと印象だけで、間違えていくのだろうと。怖いことです。

そこを間違えないでと発言したのがダレノガレさん。
勇気のある一手だし、それを評価してくれて守ってくれる人間がダレノガレさんの仲間でしょう。今回でいうと有吉。

まぁ〜芸能界とか関係なく社会で生きることは、何かを演じることだとも思います。

自分も勇気を持って一手打てるような、人間になりたいと思いました。

ダレノガレさんのファンになるか!

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

若者の言葉

先日、地元の広報誌に成人式の様子が載っていました。そこに、素敵な新成人の言葉があったので紹介します。

Q、成人式を迎えた感想・抱負
A、無事に成人を迎えることができたことは、20年間支えてくれた両親のおかげなので、感謝の気持ちを伝えたい。

Q、今後、行政に期待することは?
A、全ての人が笑顔で過ごせるやさしい街になってもらいたい。


周りの人に感謝の気持ちが持てる、周りの人の幸せを願っている、このような気持ちが育っているから、この言葉が出たのでしょう。20歳を迎えたばかりの若者が、こんな言葉を発せるなんて、とても素敵だなあと思いました。


サッカーを通して、このような人間性を育っていく……このような気持ちが育っていくからこそ、サッカーが上手くなると思います。


事実、この言葉の主は、サッカーによって育ち、サッカーですばらしい成果をあげた若者です。


我々指導者は、このような気持ちの持てる選手たちを育てていくことが大切だと感じさせるものでした。


おやまフットボールクラブ
小島 寛義
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

内容がない。

今年は、木曜日が狙われてるな。
お天道様。雨を降らすなら、少しズラしてください。

2月は振替スクールやりますよ。また他の曜日も充実しているのが、ofcの売りなので振替えて下さいね。

・・・
なんて内容がない、文になってますね。
もっと勉強して、日々多くのことに興味をもってネタを作っていきます。

今回はこんな感じで。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

ジュニアユース練習について

お世話になっております。

2月5日(木)、今日のジュニアユースの練習ですが、小山南高校が入学試験により使用が不可能なこと、フィジカルトレーニングを予定していましたが、雨天ということと今後も天候の回復が見込めないため練習を中止致します。

ご理解ほどよろしくお願い致します。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:未分類  comment:0 

2月5日(木)スクールについて

お世話になっております。

2月5日(木)、今日のスクールについてお知らせ致します。
雨が降っていることと今後も天候の回復が見込めないため、全カテゴリー(対象:キッズ,1,2,3,4,5,6年生)のスクールを中止致します。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

振替のほどよろしくお願い致します。

おやまフットボールクラブ
事務局

Tag:OFC  comment:0 

関東GKトレセンキャンプ

先週末、2日間の内の1日目だけですが、関東GKキャンプU-13,14のスタッフとして参加してきました。

各関東圏内の都県の指導者との会話でいろいろな話をしました。各都県のキーパーを観ました。

まだまだ栃木のGKは伸びる,成長できると感じました。各都県と比べると成長がゆっくりです。これは選手だけの問題ではなく指導者や生活環境など、さまざまなものが関係してると思います。

感じてきたものを栃木の身近で、関わっているGKに還元していきます。伝えていきます。
そして指導者としても、成長を共にしていきます。

さぁ~頑張るぞ~

おやまフットボールクラブ
ジュニアユースGKコーチ
谷原 匠
「サッカーで幸せを
   その幸せがみんなの幸せに」

Tag:OFC  comment:0 

鬼。

昨日は節分。

季節のイベントごとにトライ。

今回は、コーチが鬼に変装。

サッカーだけではダメだと感じてます。
週1回のスクールという状況のなかでクラブとしての一体感を考えると・・・

サッカー以外の方法も取り入れないとダメだ。と結論。

なかなか手ごたえがあったし、今週やり続けるかな。

お楽しみに。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

2015年度ジュニアユース説明会

平素よりおやまフットボールクラブの活動にご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
遅くなりましたが、2015年度ジュニアユース説明会を致します。
お手数ではございますが、ご出席のほどよろしくお願い致します。
【対象】
・現所属している選手・保護者様
・新規ジュニアユース生(2期生)の
 選手・保護者様
【日程】
2月28日(土曜日)
【受付時間】
16:30
【説明時間】
17:00~18:00
【会場】
白鴎大学本キャンパス
※詳しい教室は、後日ご連絡致します。
【内容】
・クラブが目指すところ
・ジュニアユースの挑戦
・新たなスタッフ紹介
・法人として新たな出発
など
【注意事項】
・保護者様へのご説明になります。(スクール生は説明会に参加しなくても大丈夫です。)
・駐車場は、本キャンパスのグラウンド横を利用してください。キャンパス内は禁止です。
(簡単な地図です。http://hakuoh.jp/access/pdf/hon_campus.pdf)

2期生は、入会手続き、クラブグッズのサイズ合わせがございますので選手もご出席ください。

ご事情によりご出席できない場合、後日資料をお渡し致します。

ご不明な点がありましたら、堀井・谷原までおこし下さい。

Tag:OFC  comment:0 

プロフィール

oyamafc

Author:oyamafc
栃木県小山市(おやまし)にて、幼児・少年少女のサッカースクールおよび、指導者の派遣事業を行っています。

↓おやまフットボールクラブのホームページはこちらから↓
おやまフットボールクラブ

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
QRコード
QR