ボルトかぁ~

やっぱり今日はボルトでしょうか。

100mと200mで金メダル。
すごいしか言いようがないですね。

あとは、勝ち続けることの難しさ。
特にスタート。
どんなに速くても、スタートで失敗すると終わりです。

それも理解しているボルトはすごい。

しかし持っているものが違うように見えてしょうがないです。
身体の大きさ。
手足の長さ。

どうみても、鍛えようがない素質を持っているような・・・

もしかしたら、アフリカのどこかよくわからない地域の村運動会はオリンピックよりレベルが高いかも。
なんて想像してます。

それくらいアフリカ地域の持っている素質のすごさ。

絶対やばい奴いるは!

でも素質かぁ~と感じると、日本のスポーツに先がないようでヘコミマス。
サッカーは素質以外の部分もかなり重要なのでまだまだやれると信じてます。

日本がんばろ。

しかしすごかった。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

ofcスクール曜日対抗戦!!

平素よりクラブ・スクールの活動にご理解とご協力いただき誠にありがとうございます。

日頃のスクール生達の成長とスクール生間の交流をして頂くため、ofcスクール曜日対抗戦を企画致しました。

日程:9月22日(火・祝)
{予備日9月23日(水・祝)}

開始時間:9:00
終了時間:15:00

詳細:
1・2・3の1チーム
4・5・6の1チーム
を各曜日で作ります。
各曜日にコーチが付きます。
※週2回のスクール生は曜日を選択して下さい。
※足りない場合、上の学年又は下の学年から助っ人を一人一回づつ出せます。ジュニアユースも1名助っ人可能。(これも1回のみ)

試合形式: 5対5とPK戦
※優勝したチームには優勝賞品を考えてます。

参加のほどお待ちしてます。

※スクール生達へ、サッカー仲間・友達をたくさん作れるチャンス!!参加しないと損しましすよ~。ぜひ参加してね!!
ofc事務局

Tag:OFC  comment:0 

小山選手権に向けて。

いよいよ小山選手権です。

8月は小山選手権を目標に、走る・走る・走る・走ると体を鍛えてきました。

また県外にも遠征。試合数や遠征数は少ないですが、自分のことは自分でやるやチームのために自分が何ができるかと突き詰めてやってきました。

そしてそれを一度日常に戻し、どれだけ習慣化されているか?より高い意識に変化しているか?を見ました。

私の経験上、遠征やフェスティバルの量ではありません。
日常生活の中で、どれだけ積み重ねるかです。
でないと環境が変わると変わります。

さぁ!どれだけできるか?
今取り組んでいることはこだわってもらいます。

それでどれだけチーム全体が成長しているか・・・
今を必死に生き抜こう。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

夏の挑戦。

そろそろ夏休みも終わりです。

この夏休みで新たな挑戦をしてきました。
スクール交流試合・スクール合宿・ジュニアユース遠征・育成コースの充実。

我々が考えていた以上の成果がありました。
これで大きくジャンプできます。

育成コースの価値をどのようにあげていくか?!
小山市のサッカー人口をどのように増やすか?!
どれだけの選手たちを本気にさせられえるか?!
ofcのサッカーを表現できるか?!

課題はまだまだ高い壁でしたが、やれる自信が溢れてきました。

まぁ~基本はofcファミリーが一番。

まずは、ofcの選手たちがサッカーで楽しいや幸せに出会うこと。
そしてその幸せを周りの友達に伝えてくれればよい。

みんなで頑張りましょう。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

お久しぶりです。

夏休みの合宿とスクール夏休みも終わり、いよいよ今日からスクールスタート。

合宿の話はのちのち話すとして。

スクールスタートです。
みんな元気な姿が見れて良かったです。
またなんか成長しているような気がしました。

気のせいかも・・・!

また育成コースも4か月経ち。
本格的にスタートきれそうです。
選手たちの熱を感じたと報告を聞きました。
上手い上手くないではなく上手くなりたいと思うことから入ります。


どんどん挑戦していきますので宜しくお願いします。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

スポーツ現場での応急処置の説明

今回はスポーツ現場での応急処置の説明に関して説明します。

スポーツ現場で怪我が起きた時、ほとんどの方は怪我に驚いてしまい慌ててしまいます。
その怪我が重症で医療機関に搬送する大怪我ならなおさら適切な処置ができなくなります。
スポーツ現場で怪我に遭遇した場合、冷静にそして確実に対応することが一番!

応急処置の基本的な流れは以前ブログにも載せましたが、RICE処置と怪我の状況判断を行う事が出来れば
軽度の怪我に対したは対応できるでしょう。
しかし、骨折・開放性出血・重度捻挫・脱臼・脳震盪等はすぐに救急車の要請が必要です。

また、スポーツ現場に医療関係者・スポーツトレーナー等が居た場合にはチーム関係なく協力を要請してください。
応急処置の環境が設備・人材が十分に確保できているスポーツ現場は残念ながら現在の日本では少ないです。
怪我はいつ発生するか分からないからこそ、常に対応できるようにしておかなくてはいけません。

おやまフットボールクラブ
トレーナー 青木
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

現場で使える怪我の状況判断

今回は現場で使える怪我の状況判断に関して説明します。

怪我をした場合早急に対応しますが状況によっては医療機関への搬送が必要かどうか確認をします。
怪我をした直後の選手は感情的になり正確な返答が得られない場合がありますので冷静に判断することが現場では求められます

受傷直後の確認項目
1.怪我をした状況の確認
  選手同士の接触があったか、転倒したか、捻ったか、強く打ちつけたか等
2.動かせるか
  自力で動けるか、立てるか、歩けるか等
3.痛みの程度
  痛みがあるか、どこが痛むか、我慢できる痛みか等
4.炎症の状況確認
  患部が腫れているか、変形があるか等
医療機関に行くと上記したことが問診されることが多いのでしっかり状況を伝えましょう。

次回:スポーツ現場での応急処置の説明

おやまフットボールクラブ
トレーナー 青木
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

拳上(Elevation)の説明

今回は拳上(Elevation)に関して説明します。

捻挫・打撲をした時、患部を心臓よりも高くしておくことにより、内出血による腫れを防ぎます。
足関節や膝関節の怪我であれば、座布団やタオルなどを下に入れて拳上すると簡単です。
睡眠をとる時も受傷した日は同様に拳上しましょう。

次回:現場で使える怪我の状況判断を説明します。

おやまフットボールクラブ
トレーナー 青木
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」


Tag:未分類  comment:0 

プロフィール

oyamafc

Author:oyamafc
栃木県小山市(おやまし)にて、幼児・少年少女のサッカースクールおよび、指導者の派遣事業を行っています。

↓おやまフットボールクラブのホームページはこちらから↓
おやまフットボールクラブ

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QR