【中止】木曜日選手コースとジュニアユース練習について

お世話になっております。

2月28日(木)、今日の選手コースとジュニアユースの練習は雨天のため【中止】と致します。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

●選手コーススクール生
振替を別の曜日または土曜日のフリースクールにご参加ください。

●ジュニアユース生
勉強を頑張りましょう!
時間を探して自主トレをお願いします。
技術練習・体幹トレーニングなど。自分の弱点を強化して各々の強化をお願いします。

事務局

Tag:OFC  comment:0 

【中止】木曜日スクール

お世話になっております。

2月28日(木)、今日のスクールは雨天のため【中止】となります。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

振替は別の曜日または土曜日のフリースクールにご参加ください。

気温差が激しい季節です。体調に気をつけてください!

木曜日スクール担当 谷原

Tag:OFC  comment:0 

小学校年代に思うこと④

スクールや未登録チームについて。

これは、いろんな役割を持っていると思います。
例えば、普及。サッカーの入り口。
例えば、強化。個人のレベルをあげる。

などスクールはいろんな機能があります。
なので週1回でもある程度効果があると思います。

しかしデメリットです。
スクール側のあり方や考え方が重要。
地域の中でどのような立ち位置になるか?
また地域のチームとどのよな距離感でいるかがとても大切だと感じています。

スクール側は基本自由です。なので極端に話をすると。
何も考えないで好きにやっても誰も何も言えません。
選ばれれば影響力がある。選ばれないと影響力はない。それだけ。

これを大前提にスクール側は考える必要がありますね。
ある一定の問題は起こりやすい。

また少年団の活動に参加できない家族もあります。
そこで登録しないチームも存在するのです。

現在はいろんなところでサッカーができます。
サッカー人口を増やすために、各団体が協力して邪魔しないで活動して欲しいです。

新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

高校年代が思うこと①

高校年代が思うこと。

やはり高校年代はもう大人と同じ感覚で勝負したいです。

なのでサッカーの熱量はもちろんいい状態で3年間を過ごしたい。
また最低限考えてプレーできるだけの習慣は欲しい。
もっと言うと、技術・ハードワークなど並べるときりがありません。

しかしいらないのもあります。
本質からズレた感覚は入りません。
またいろんな考え方を受け入れられない頭も入りません。

・・・
これは逆に考えると中学校年代で何を獲得していないとダメか。
と言うことです。

また何が必要ないか。

しかし現状はどうだろう?
中学校年代が高校年代を支えないと・・・


新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

当たり前の基準をあげて

当たり前の基準をあげる。

10キロの重りをいつも持っている人間は、5キロは軽い。20キロは重い。
20キロの重りをいつも持っている人間は、10キロは軽い。30キロは重い。

50キロも同じこと。

当たり前の基準をどのように変化させるか。

いつも通りやっていると、知らない間に目標が上がっており。
いつも通りがだとダメになっていく。
だからそこが踏ん張りどころ。

もう1歩頑張ろう。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

高校年代に思うこと ④

高校年代の出口の話。
要するに大学です。

高校年代の次は当たり前ですが、大学。か社会人。
現状強豪サッカー部(高校)には、指定校推薦や先輩がいった大学にいける可能性があります。
たくさん道が用意されてます。

Jクラブや町クラブは、指定校推薦はありませんね。基本自分の力で受験やその在籍している高校の推薦を獲ることになります。まぁートップクラスのJクラブは、大学から直接スカウト来ますけど。一握り。

ここでいろんな立場の人間の意見が入ります。
親。先生。先輩。尊敬する大人。

できれば、選手本人にどのようなサッカーがやりたいか?どんな環境でサッカーがやりたいのか?
この問いに対してある程度説明できる言葉が欲しいところです。
ofcは考える時間を作って行こうと思いますが。

印象は、自分の考えを持っている選手が少ないイメージ。
考えの選択肢が少ないとパターンでいくと保険が多くあるところを選ぶ傾向。
また女性(母)は一番子どものことを心配してくれるものなので、できる限り保証が高いところを意見するでしょう。

そうなると、優先順位は1番高校サッカー 2番やらない 3番町クラブ。
でしょうね。

何度も主張してますが、受け皿の割合をバランスよくしたい。
難しいのはよくわかっていますが、町クラブのユースができないものかと考えてます。

うー。やはり高校は移動がないからいいよね。
高校がクラブみたいな仕組みになるのも魅力。
実際青森山田高校は、青森のJクラブみたいなものですからね。

高校のメリットは多くあります。
町クラブのメリットや魅力はどうするといいか・・・

新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

【中止】火曜日選手コースとジュニアユース練習について

お世話になっております。
少し早いですが、連絡をいたします。

2月19日(火)、今日の選手コースとジュニアユースの練習は雨天であること、今後も雨が続く予報が出ているため【中止】とさせて頂きます。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

●選手コース
振替スクールは別の曜日または土曜日のフリースクールに参加ください。

●ジュニアユース
勉強を頑張りましょう。空いた時間に体幹トレーニング、リフティング、30分完走などできる事を行いましょう。選手としてのコンディションを整える事、体調を整えて元気よく練習に参加しましょう!

よろしくお願い致します。

Tag:OFC  comment:0 

【中止】火曜日スクール

お世話になっております。

2月19日(火)、今日の火曜日スクールは雨天のため【中止】とさせて頂きます。

別曜日または土曜日のフリースクールにて振替をお願いします。

体調を崩しがちな気候と気温です。お気をつけてお過ごしください。

火曜日スクール担当 谷原

Tag:OFC  comment:0 

ofc 使命 イノベーション

ofcの使命シリーズで月曜日はやってますが、使命多すぎやん。ってなりますね。
スポーツの価値を増やすこと。
日本のスポーツ環境の選択肢を増やすことを本気で考えてます。

だから今までにない方法や考え方を模索してます。
かっこいい言い方をするとイノベーションです。

今は、この考え方に共感してくれて、ともに進んでくれる方のみのために頑張っています。
なので理解できない方はかかわらないでくださいと言いて行こうと思います。

それもとても大切なことで。

新時代に向けて

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

高校年代に思うこと④

高校選手権(甲子園など)が花形の大会。

みんな目指すし、憧れています。

しかし負けたら引退。
引退って言葉がとても悪。

これは成長させるために、かなりの効果がある言葉でもあります。
引退がかかっているだから一生懸命やるぞ。みんなでやれるのはここまでだ、だから一体感を持って。
僕も実際使います。
皆さんも使ったり、聞いたりしますよね。
これはかなり効果があるからです。

しかし副作用がついてきます。
本当に引退してします。
そのスポーツを・・・

今まで週6でサッカーが週6で勉強や遊びに。

これは誰の責任でもないのです。
指導者もこの考え方で育てられてるし、関わっている保護者や大人もこの考え方で育てられている。
雰囲気は引退をかけた博打。
ようするに宗教のようなもの、教えを信じ他の考えに触れない。

だから引退するのです。
もしくはサッカー馬鹿しか残らない。

サッカーの発展のためには新しい血を流し、新しい状態に進化しないと終わると思います。

高校年代に思うこと③の話で言いましたが、割合の話。
もっとガツガツやるチームもゆるーくやるチームもあって。
高校年代を通過点として大人になってほしいと考えます。

高校年代までは土台作り。大人になってサッカーを楽しむ。ダメですか。

新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

ofcの使命 休む勇気

使命なんてそんなたくさんないですが、細分化して言語化に挑戦。

休む勇気。

僕はこんなことを妄想してます。
ブラック企業。って日本スポーツ的(部活やクラブ)多くの時間を費やし努力して結果を出す。また結果を出してきた人間は大抵多くの時間を費やし結果を出す。なので管理職の基準は”費やした時間”から評価をする。なので部下たちはその基準で育てられる。結果また同じサイクルになる。

だから現在進行形です。
今のスポーツ指導者は、このスポーツだけに時間を費やした人間の集まりです。僕も含めて(中毒レベル)
そうなると練習やるよね。ってなるのです。
鍛える。鍛える。鍛える。鍛える。
週6〜8。1日8時間+a時間。
もうブラックでしょ。

ブラック企業=日本現在スポーツ環境。
全て妄想です。


なのでofcは休む勇気。
(平日毎日更新を頑張っているのでもう短めに行きますが。)

スポーツは、超回復があるます。練習→休憩→練習→休憩。
練習をして休むから強くなる。これが超回復。
スポーツは休む重要性に目を向けないといけないですね。

またやりたい情熱の維持。
(子どもがゲームをやり続けるのは、制限が強くてやりたい時間できない・やめさせらるからやりたい情熱が燃え上がる)
なのにスポーツはやれ・やれ・やれ。休みと言うと嬉しい。好きなスポーツなのに・・・。
やり過ぎてるから情熱が消える。

最後に裏の狙いは、タイムマネージメント。
時間の使い方。振り分け。
日本人は1つのことをやりきる。美学・歴史。を持っています。
これっていいことですが・・・デメリットもあります。
時間を振り分ける必要がない。またスポールは長時間。使い方を考える必要がない。1時間の価値が低い。
結果タイムマネージメントができない人間が増える。

だから「休むことでの効果」を信じて行こうと思います。
まぁぁー。雰囲気はブラック企業の匂い。口コミの拡がり方も多数決で負ける。
なので 休む勇気 と表現。

この感覚が共感できる方が是非ofcの活動にお勧めします。
全て大人になった時もサッカーが続けられるために動いてます。
中学3年がゴールではありません。
新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

新時代に向けて

サッカーができることやスポーツができることはないか?
いつも考えてます。
「今ある考えから考えてたらもう終わる。」

これは僕に言い聞かせている言葉です。

よしサッカーのために価値を作ろ。
よし地域の情報誌作ろ。

なんで・・・
急に。

いいんです。いいなと思ったらやるのです。
3日坊主でいいのです。

かなり頭が悪い。特に言葉を使うのはかなり苦手。
映像派です。

練習しよ。
金曜日は、情報誌を作るために練習ブログ日にしよ。

次。
コンセプト
「サッカーの情報はなし」
サッカーの人間がサッカーのことやってもおもんない。

デタラメでも、やってみよ。

まず行動。
来週どうなっているやら。
怖。

新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せはみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

【中止】2月9日 土曜日 フリースクール

2月9日 土曜日のフリースクールは天候が悪くなると予想されるので中止します。

ofc 堀井

Tag:未分類  comment:0 

小学校年代に思うこと④

さて、クラブの次は少年団。

少年団のいいところ。
平日活動できない選手でも土日活動しやすい。
またスタッフ・選手・保護者の距離が近く一体感が出てきて大きなパワーを生む。
サッカーに関わってこなかった親もサッカーに興味が出てくる(個人差あり)
昔からの伝統がある

デメリット。
土日の拘束時間が長い。
全員の距離が近いので、1つボタンをかけ間違えると負のパワーが生まれる。
親の関わりが多い印象。(最近だと強制力が少なく臨機応変になってきている様子。)
代表や監督が毎年交代されると信頼関係が薄くなる。


全体的に関わる人間が多いので、役割やルールを明確化しないと問題が起きたり、1人の負担が大きくなる。
東京や神奈川と言ったサッカー先進国はそのリスクを減らすために、クラブチームになっています。
しかしもう1つ良い環境作りをするためには、新し仕組み・発想が必要だと考えてます。
そこで少年団のような繋がりを活用していければと思います。
まだ納得いく考えは見つかっていません。

少年団・クラブと今の時代にあっていて地域にあった比率を模索してサッカーがやりやすい環境を願います。

次はスクールや登録しないチームについて

まだまた新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

【中止】水曜日キッズスクールと小学生スクールについて

お世話になっております。
2月6日(水)、今日の水曜日キッズスクールと小学生スクールは雨天であることと天候が不安定のため、【中止】とさせて頂きます。

別の曜日または土曜日フリースクールに振替を行って下さい。

水曜日担当コーチ 谷原

Tag:OFC  comment:0 

高校年代に思うこと③

全体像から考えてみます。

①サッカーがやりたい・もっとやりたい選手たちは週5・6でもやれる高校でガンガンやってほしい。
②サッカーも勉強も両立できる。そしてサッカーも勉強も頑張るので一杯一杯で時間をすごす。
③ 1や2の状況が大変だからサッカーをやめる。

ざっくりなので、まだまだ細分化できますがこんな感じ。

ここで提案。④番目を作ろうです。
できるだけサッカー人口を減らしたくない。
なのでサッカーをやめない仕組みを考えるべきだ。
なので③番の人口を③でないようにしたい。

④番目は、練習週3・4回の練習や試合。でバイトや他の趣味や勉強にも時間を使い余裕を持つ。
この④番が日本には足りない。
少なすぎる。
また④は大学に行ってもやれる範囲内の時間設定だし、大人になっても1回2回減らせばやれると思います。

なので作っていきたいと企んでいます。


どうでしょうか?
これが新しい価値作りです。

新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

ofcの使命 保護者編

ofcの使命。

新時代に向けて、新しい組織の開拓を模索中。
その模索で大切にしていることは、定義の明確化。

例えば、サッカーで言えばクラブは強い。部活は人間指導。のような印象。
例えば、少年団は、親が関わる。クラブは関わらない。のような雰囲気。
例えば、練習すると強い。しないと弱い。のような固定概念。

我々が感じている定義は、本当に正しいのか?また信じている定義なのか?
と検証しないと新しいものにはなれないと確信してます。

そこで「保護者」と言う定義。
をかなり考えます。

ofcでは、選手たちの「自立のため」に保護者は関わらない と定義しています。
よくある目的と方法。

しかし選手の「自立のため」に本当にこの方法以外にないのか?と考えてます。
関わり方で、自立できるかもしれない。

また自立以外にも・・・
選手個人の成長を考えると家族での様子を聞きたいときは保護者の方々に話を聞けると思うし。
良いメリットがあります。

しかしデメリットも、関わると距離感が近くなりすぎる(意図的なのと・悪気のないのと)や関われない方が居づらくなる。
があるんですね。

でこの状況から、ofcは何を選択するのか?
良い悪いは関係なく、何をしたくて何を選択するか。

ofcの使命。
保護者の定義を明確化する。ofcらしく。

ofcは「サッカーで幸せを その幸せが ”みんな” の幸せに」
”みんな”も幸せにするのです。

なので今の状況にアレルギー発生中。

保護者の方も、保護者でない役割で関われるようにしたいし。
保護者という言葉や役割がいけないかもしれない。

でも負担にならないこと。やってる・やってない感が出ないこと。をしっかり考え。ルール化。
要するに保護者の定義を明確化。

ムズイな。
人の思いは色々。
なので全員に合わせられないし、合わせない。
そうなると「ofcはこれをします」だからやりたい人だけ集まれ。
ってやらないと問題発生するでしょうね。

だから明確化して集まれーとします。

まずお伝えできることは、「他にはないもの」を作りたい。
なので周りを気にする方は、ofcではないですね。
長期的に結果を考えられない方はofcではないですね。

そのように考えてますから。
現ofc保護者の方々は、頭に入れといてもらえれば助かります。
ママさんフットサルはやるでしょうね。笑

ofcの使命。
新時代に向けて1歩

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せに
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

アジアカップ 決勝

とても楽しい時間・熱くしてくる時間が今日の決勝戦で終わってします。

日本代表の選手全員に意思を感じます。
「やってやろう」「優勝する」「日本のために」
この選手たちは、何を経験してきてこのような選手たちが育ったのでしょう?

またこの代表を見て、日本の子どもたちはどのような選手になっていくのであろう。

日本のサッカー界はまだまだやれる。

それを信じ。

おやまフットボールクラブ
代表 堀井 一
「サッカーで幸せを
  その幸せがみんなの幸せに」

Tag:未分類  comment:0 

プロフィール

oyamafc

Author:oyamafc
栃木県小山市(おやまし)にて、幼児・少年少女のサッカースクールおよび、指導者の派遣事業を行っています。

↓おやまフットボールクラブのホームページはこちらから↓
おやまフットボールクラブ

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
QRコード
QR